Image

家族葬にみる現代の葬儀

昔ながらのお葬式は廃れていく一方

宗教的なことで、作法や故人のおくり方が変わる、そして考え方なども変わってくる。
一昔前では、到底考えられない、故人の見送り方。
現代において、ごくごく一般的になってきたり、そうせざる終えない状況や、親類縁者・友人そして、ご近所・会社、社会での付き合い方が、人それぞれ多様化したこともあり、その方法がどんどん変わってきている。

葬儀を祝祭として捉え直そう

かつて葬儀には「故人の関係者にお知らせし、最後のお別れをする。」という目的があった。
現代では、孤独死や付き合いが希薄になってきていることから、葬儀自体が簡略化されてきた。
家族葬もそうした流れのひとつといえよう。
もちろん古くから家族のみで行うこともあったかもしれないが、それはあまり世間的には良いものというものではなくやはり多くの人に見送られる葬儀がいいお葬式という概念は過去にはあった。
もちろん宗教的にも。
それが現代においては、考え方の多様や風習にこだわらない、自分たちのスタイルに合わせてという自己の考えをそのまま行う時代になってきた。

親しい人のみの家族葬儀だからこそできるお祝いとしてのお葬式

家族だけで行うこともひとつの考え方、本当に親しい人に囲まれて、ばたばたと段取りなどで追われてせわしない状況で、おもうように故人と最後のお別れができないことが多い通常の葬儀と比べると、人によってはいいと考えることができるかもしれない。
またおくられる側も、あまり派手にしたくないとか、残される家族に精神的に負担をかけている以上に、葬儀を行うことでさらに、精神的に、肉体的に大きな負担をかけることをよしとしない、故人もいるだろう。
どれだけの人が悲しんでくれるかということも大事かもしれないが、本当に大切な人にゆっくり送られる幸せもまた、ひとつの形である。
現代において、選べる葬儀に対し、自分が故人になる前に今一度、どうしたいか考えてみることでこれからの人生、又人との付き合い方・自分自身との向き合い方が変わってくる。
現代のさまざまな葬儀を元に考えるきっかけにすべきである。

Copyright(c) 2014 祝祭としての家族葬のすすめ All Rights Reserved.