規模で異なる家族葬の費用

希望する内容によって家族葬の費用は変わる

近年社会的な要因も合わさって行われることが多くなってきている家族葬は、その規模に応じて葬儀費用が大きく異なっています。
特に式への参加人数によっては葬式を行う会場も変わってくるので家族や親せきなどで10名も集まらないような場合には小さいお寺で葬儀を行う事もできるでしょう。
そうなれば場所代等を含めても30万円にも及ばない事も多く、参列者が持参してくれる分も合わせて意外とお金がかからずに式を行う事も可能です。

自由な葬儀のため価格面も弾力的に対応できる

家族葬では人数や会場の規模に応じた葬儀を選ぶこともできるので、不況の現代には特に人気が出ている形式という事も出来るでしょう。
この葬儀では家族や親せきだけが集まるので会社の関係者や仕事で一緒だったような人物は式に参加しないことになります。
そのため多くても10名から30名の間で葬儀を行う事になるのである程度の規模のお寺であれば安い費用で葬儀を行う事ができ、その後の火葬等も一緒に行う事ができる場合もあります。
お寺での葬儀ではお経を読んでもらうだけではなく、遺言に沿って遺産相続の話もできるような事もあります。
特に参列者も家族しかいないので周囲の目を気にせず話し合いをすることも可能です。
家族だけでの葬儀でのメリットは主にこうした部分で、お金がかからないだけではなくその後の問題解決もスムーズに進めることができるのも良い点の一つでしょう。

施設利用や参列者数で費用は大きく変わってきます

家族の人数が多い場合にはその葬儀も大きくなりますが、そういった場合には総合市民会館のような場所を借りての葬儀になるのでかなり規模も一般的な規模になり100名ほどが集まるような会場が必要になる事もあります。
しっかりと経済的な面も考えながら葬儀を行うようにし、ムダは出来るだけないようにした方が良いでしょう。

Copyright(c) 2014 祝祭としての家族葬のすすめ All Rights Reserved.