時代を反映した家族葬のメリットとデメリット

家族葬儀の誕生と歴史

家族葬は、故人の家族や親族また生前に極親しかった友人や知人により執り行う葬儀の形態で、この名称自体は1990年代に葬儀社の小規模な葬儀のキャンペーンとして名付けられたと言われています。
一般葬との違いは、参列者や規模の他に本葬儀がなく、通常通りに通夜と告別式が行われてから火葬場まで同行します。
現在では核家族化が進み地域社会との繋がりも希薄化していることから、より規模の大きい一般葬よりも近親者のみで故人とのお別れの時をゆっくりと過ごせるこの葬儀方式が多く行われています。
また、故人が高齢で友人や知人が少ないという場合にもこの葬儀が採用されています。

家族葬のメリットとは?

そのメリットとしては、まず第1に故人を良く知る身近な人のみが真に偲び故人の最期の時を見送れるという点にあり、一般葬のように参列者の対応や形式などに振り回されることなく、心身共に負担が少なく故人との別れを優先できることにあります。
そして、第2には、費用面に於いて少なくて済む点にあります。
つまり、家族葬では予め決められた人数により葬儀を行うため飲食費用等追加料金の発生が少なく予算が立て易くなり、また返礼品等の費用も少なくて済みます。
また、葬儀会場についても小規模な所で済みますのでその費用も低く抑えられます。
因みに、具体的な費用については一般葬儀の半額以下も可能です。

デメリットもきちんと解説

もっとも、この家族葬にもデメリットがあり古くからの慣習や世間体を気にする親族がある場合には、この葬儀方式をしっかりと納得がいく様に説明する必要が生まれますし、一般の方には葬儀後に故人の死を報告することになりますので、なぜ知らせてくれなかったんだと言われ後日の対応が必要となる場合もありますので、それぞれに理解して貰う必要があります。

Copyright(c) 2014 祝祭としての家族葬のすすめ All Rights Reserved.