喪服を着る男女のしきたりについて

男性の葬儀における喪服の装いとは

喪主や親族をはじめ、会葬者を迎える側は、通夜、葬儀、告別式と礼装の喪服を着ます。
喪服については、様々なしきたりがあり、宗教や宗派、地方によって、その習慣の違うことも多いものです。
ただし、根底にあるのは故人の死に対する悲しみの心です。
立場をわきまえて、それにふさわしい装いをしたいものです。
男性の和装の場合、礼装には敬弔の区別がありません。
違うのは慶事の時に持つ扇子を、弔事には持たないことだけです。

洋装も和装も格式は同じ

最近は洋装も非常に多くなってきました。
和装と洋装では格の上下はありません。
男性の和装の場合は、五つ紋付の黒い羽二重の羽織と着物に、仙台平か博多平の袴になります。
洋装の場合はモーニングコート。
ただし通夜には着ません。
また最近では遺族でも、略礼装であるブラックスーツを着るケースがとても多くなってきました。

女性の喪服について

女性の場合は、男性と同様、和装、洋装の格の上下はありません。
近頃では通夜には洋装、葬儀には和装という人も増えました。
和装の場合は黒無地の羽二重または一越縮緬の染抜き五つ紋付。
帯、帯揚げ、草履、バッグは黒、足袋は白。
通夜なら色無地紋付き黒帯でも構いません。
洋装の場合は黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルなど。
季節に関係なく長袖が基本です。
肌が透けたり、光ったりする生地や華美なデザインのものは避けるようにします。
黒のアンサンブルでも、中のワンピースがノースリーブのものや短い半袖のものは、上着を取って着るのは避けるようにします。
薄手のウールのワンピースは、真夏以外の季節にほとんど着られるので、1着持っているととても便利です。
ただし黒いワンピースは、デザイン次第で派手にもなるので注意が必要です。

Copyright(c) 2014 祝祭としての家族葬のすすめ All Rights Reserved.