通夜や葬儀に関する知っておきたいマナー

葬儀の基本的な作法

高齢化が進む中、誰しもが一度は遭遇する場面のひとつである葬儀における知っておきたい基本的な作法について紹介します。
最初は服装についてです。
いわゆる喪服というものを着用します。
男性は真っ黒のスーツに黒色のネクタイで、女性はブラックのフォーマルウェアが広く一般的です。
お葬式の前には通夜にも参列します。
通夜の作法として知っておきたいことは、まず受付でお悔やみを述べることです。
そして香典を差し出す時には相手に名前を向けることです。
もし名刺を手渡すのであれば、名刺の左下の角を上に向かって折ってから差し出します。

受付が設置されて無い場合

また受付がない場合もあります。
その時は遺族に直接お悔やみを述べ、香典については祭壇に名前を自分の方に向けてお供えします。
次に告別式と葬儀ですが、もし告別式にしか参列しない場合は、出棺の時間帯にかぶらないように参列し焼香しましょう。
式場で遺族を見かけても告別式の時は会釈だけで済ませます。
知人に会った時も同様に目礼ほどで挨拶は終えるのがマナーです。

焼香のあげ方について

また最も気になる葬儀作法のひとつに焼香の仕方があります。
焼香を何回するかは宗派によって異なりますが、一般会葬者であれば1回でも2回でも気にすることはありません。
焼香の流れとしては、まず遺族に一礼し次に遺影に一礼します。
その後お香まで進み、3本の指でつまんだら目の高さでお香をいただき燃やします。
最後に合掌し再び遺族に一礼をして静かに席に戻ります。
これは立礼においても座礼の場合でも同じ作法です。
最後に香典に関するマナーです。
香典袋には【御霊前】と書けばどのような宗派にも使えます。
気になる金額ですが、故人が両親や兄弟の時は5~10万円、祖父母や親戚であれば1~2万円、 友人や仕事関係の人は5千円~1万円程度というのが妥当な金額です。

Copyright(c) 2014 祝祭としての家族葬のすすめ All Rights Reserved.